教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

社会科学コース
法律・政治プログラム
横川 和博

専門
経済法
専門は、独占禁止法、知的財産権法、消費者法。研究の中心は、英国の独占禁止法、消費者法、我が国の独占禁止法、消費者法、及び知的財産権法の比較法的検討などです。近年は、高知県をフィールドにして、「地域における消費者問題の実証的研究」や「地域経済の担い手である中小企業の法的研究」にとりくんでいます。老後に向けて、「国際経済法」の研究にも着手しました。

主な授業題目と内容紹介

法学入門、消費者問題と法(以上、共通教育)、経済法Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(専門科目)
共通教育の2科目は、毎年多くの学生が受講してくれていますが、生活と結びついたテーマから法学を解説することを心がけています。専門科目は、これを受けて、経済法Ⅰでは、経済憲法とも呼ばれる「独占禁止法」を中心に我が国の経済法制を概観し、あわせて、下請法等の中小企業法制、知的財産権法、消費者法と独占禁止法性との関わりについても検討しています。共通教育の2科目、経済法1は、消費者の視点からの検討が中心となっていますが、経済法Ⅱでは、ものを作り消費者に送り届ける事業者からの視点を大切にしています。著作権法、特許法、実用新案法、商標法、意匠法、不正競争防止法等、さまざまな知的財産権法を「もの作り」の観点から概観した上で、独占禁止法との関わりを追求します。経済法Ⅲでは、以上の講義をふまえた上で、市場における経済的弱者の視点から経済法の制度的問題点及び将来におけるあるべき姿を検討し、さらに比較法的視野(国際比較)も行います。

卒業論文題目例

・OCALOIDの実演家は誰か
・違法ダウンロードの法的検討
・製作主導の映画作りの可能性自動販売機の設置・管理運営契約をめぐる法的検討
・地域ブランディングと海外都市戦略から学ぶ成功要因
・ジェネリック医薬品からみる医薬品流通の問題点

コースプログラム制

メニュー

close

close