教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

社会科学コース
経営・会計プログラム
伊丹 清

専門
会計学・財務会計
会計学・財務会計
会計は一般の人には馴染みにくいところがあります。しかし、昨今は企業業績や経済状況が激しく変動し、会計の利益額や損失額が社会的に大きくとりあげられることが多くなっています。このような現状の中、利益額や損失額を大きく変動させる可能性がある「金融商品会計や減損会計」を中心に研究しています。

主な授業題目と内容紹介

簿記原理Ⅰ・会計学原理・財務諸表分析
簿記原理Ⅰでは、複式簿記という会計の記録技術と「複式簿記システム」(「複式簿記の構造」)について学びます。簿記には、専門用語や約束事がたくさんあります。まず、簿記で作成する会計書類を構成する「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」と、それらの具体的な内容を示す「勘定科目」の意味を理解します。同時に、その勘定科目を使う「仕訳」と呼ばれる簿記の分類整理作業を勉強します。そして、決算という会計の締切手続きを行い、「合計残高試算表」「精算表」「貸借対照表」「損益計算書」と呼ばれる会計書類の作成方法を勉強します。また、この簿記の一連の流れを通して、「複式簿記システム」(「複式簿記の構造」)について勉強します。
「会計学原理」では、複式簿記という会計の記録技術からより専門的な会計の勉強をします。まず、連結会計、キャッシュフロー計算書、会計の基礎的前提(会計公準)、会計理論の概要といった会計の基本的知識について勉強します。次に個別の会計処理とその基礎となっている会計の考え方を理解するために、リース会計や減損会計などを勉強します。
「財務諸表分析」では、企業の状況を示す収益性・安全性・成長性について、同業2社の財務諸表(会計書類)を用いて、過去の期間の業績を分析する「時系列分析」と同業他社を比較する「企業間比較分析」のふたつを勉強します。

卒業論文題目例

・ストック・オプション失効時の会計処理の課題
・リース会計におけるオンバランス処理の必要性
・日本のポイント会計制度の課題
・暖簾会計の会計基準間の相違
・米国における内部統制システム導入の影響
・コンビニ業界におけるセブンイレブンの優位性と経営実態

コースプログラム制

メニュー

close

close