教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

社会科学コース
経営・会計プログラム
伊丹 清

専門
会計学
会計学・財務会計
会計は、一般の人には馴染みにくい側面がありますが、企業や経済の状況が激しく変動する現在、利益額の変動などで会計は社会的に大きな影響を与えることが多くなっており、そのようなことに関係が深い金融商品会計を中心に研究しています。

主な授業題目と内容紹介

簿記原理Ⅰ・会計学原理
簿記は、専門用語や約束事がたくさんあり、「簿記原理Ⅰ」では、簿記の大きな構成単位である資産、負債、純資産、収益、費用の勘定科目(簿記を行うための最小の単位)の意味を理解し、初歩の仕訳(簿記における分類整理)を学習します。そして、決算と呼ばれる締め切り手続き、その際に作成される残高試算表、精算表、貸借対照表、損益計算書という書類の作成を学習します。それらを踏まえて、残高試算表、貸借対照表、損益計算書の関係を中心に、複式簿記の構造について学びます。
「会計学原理」では、基礎的な簿記から会計へと進むための基本的な知識、連結 会計、キャッシュフロー計算書、会計の基礎的前提(会計公準)、会計 理論について学習します。そして、リース会計基準、減損会計基準、金融商品会計基準を取り上げ、その会計処理とその基礎となっている考え方について学びます。 さらに、包括利益という新しい利益概念と現在の貸借対照表と損益計算書の関係について学習します。

卒業論文題目例

・ストック・オプション失効時の会計処理の課題
・リース会計におけるオンバランス処理の必要性
・日本のポイント会計制度の課題
・暖簾会計の会計基準間の相違
・米国における内部統制システム導入の影響
・コンビニ業界におけるセブンイレブンの優位性と経営実態

コースプログラム制

メニュー

close

close