教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

人文科学コース
日本語・日本文学プログラム
山本 秀人

専門
日本語学
日本語学は、言語としての日本語そのものを研究する学問分野で、文法・語法、語彙・語誌(語史)、音韻、表記・文字、表現・文体、言語文化・言語生活など多種多様の観点があります。かつては国語学とも称されました。日本語史は、その中で、過去の特定の時代(奈良時代、平安時代、鎌倉時代…など)を対象とする日本語学や、例えば鎌倉時代から現代までのように或る時代範囲を通して見た日本語学を指します。いずれも日本語の文献(日本語が何らかの文字で記されたもの)を資料とする日本語学です(現代語研究も含みうる)。私自身は、平安・鎌倉時代の辞書の編纂や、漢文の訓読、漢字の訓などを中心に研究しています。

主な授業題目と内容紹介

日本語の世界―五十音図をめぐって―
五十音図の持つ意味や、五十音図がどのようにして出来たのかなどを、文字(仮名の歴史)や音韻などに関係づけて述べる。
日本語学概論Ⅱ
日本語学の研究方法や観点を、「土左日記」や「方丈記」などの過去の日本語文献を用いて具体的に学ぶ。
日本語史(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)
(Ⅰでは)漢字、仮名、梵字(古代インド文字)、ローマ字など、日本で用いられる文字とその用途について、日本への流入時(または生成時)の使用とその後の変化を見る。
日本語論(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)
(Ⅲでは)現代語の音声・音韻体系を理解したうえで、奈良時代・平安時代以降の音韻史について主要な点を、それが分かる過去の文献の具体的事例を見ながら理解して行く。
日本語史演習
特定の日本語資料(平安末期・鎌倉初期の仏教説話など)を取り上げて、文献を用いた日本語研究の具体的方法を、ゼミ形式で実地に学ぶ。
いずれも具体的な日本語資料を多用し、過去の日本語や、現代語に至るまでの日本語における様々な事象や研究方法を知ることを目指します。その際、抽象的な知識として知るだけではなく、具体的事例をもって理解し説明でき、研究活動もできるようになることを目指します。

卒業論文題目例

・『東海道中膝栗毛』における二人称代名詞について
・尊敬表現「をらる」―江戸時代を中心に―
・「しりぞく」と「のく」の意味用法について ―院政・鎌倉時代を中心に―
・「マハル・マハス」と「メグル・メグラス」の漢字表記 ―史的観点から―
・我が国における漢語の意味の変遷について ―「愛敬」の場合―
・漢字字体についての一考察 ―『白氏文集』写本・版本を中心として―

コースプログラム制

メニュー

close

close