高知海南史学会
高知海南史学会インフォメーション

【2017年度大会が開催されました】 

 当学会の年次大会が2017年8月6日(日)に高知市内で開催されました。詳しくは大会・研究例会をクリックしてください。

 

【『南佛だより』再刊について】 

 高知海南史学会設立50周年記念事業の一つとして、1969年に刊行された渡邉昌美著、高知海南史学会編『南佛だより』をこのたび再刊しました。フランス中世史研究の大家である渡邉昌美氏の「幻の名著」とされる同書には、1960年代半ばすぎのトゥールーズ(フランス)の大学と町並み、南フランスを中心とするヨーロッパ各地の情景が豊かな学識に裏付けられた流麗な語り口で描かれるとともに、そこかしこに当時の高知の様子や日本社会のありようもかいま見られます。

 同書は当学会会員だけでなく、一般の方々にもぜひ手にとっていただきたいと存じます。当学会事務局で購入申し込み(郵送)を受け付けております(送料込みで1冊1095円です。2冊以上の購入を希望される方は詳細を事務局あてお問い合わせください)。申し込み及び問い合わせは事務局庶務会計担当の小幡尚(メールアドレス masakwmt■kochi-u.ac.jp ただし■を@に置き換えてください)までお願いします。

(追記:2016年6月24日、渡邉昌美氏がご逝去されました。当学会の設立と運営に大きな役割を果たされたことをあらためて思い起こし、心よりご冥福をお祈り申し上げます。)

 

【大学広報番組でとりあげられました!】 

 FM高知で毎週日曜午前9時半から放送されている「THEこうちユニバーシティCLUB」で高知海南史学会がとりあげられました。放送内容は、番組ホームページ(外部サイトに接続します)にある「これまでの放送一覧」にアップされている「2014年8月17日放送」分の音声コンテンツで聴くことができます(またはここをクリックしてください=外部サイトの番組音源に直接リンクします)。聴きのがした方やもう一度聴いてみようという方は、ぜひアクセスしてみてください。

 

【2013年:学会設立50周年を迎えました!】 

 高知海南史学会は1963年1月に設立され、2013年に学会設立50周年を迎えました。2013年夏の公開シンポジウム「戦争遺跡と地域社会」や2014年夏の『南佛だより』再刊など、さまざまな50周年記念事業をおこないました。

 

【平成25年度高知県文化賞を受賞しました!】

 高知県の学術、教育の振興に寄与した功績が認められ、高知県文化賞を受賞しました。学会設立から50年、当学会を支えてくださったすべての方々に厚く御礼申し上げます。 

 

【高知大学物部キャンパスにある戦争遺跡の保存・活用を求めます!】 

 高知大学物部キャンパスに残る旧高知海軍航空隊耐弾式通信所の保存と活用を求める要望書(ここをクリック)を高知大学あて提出しました。

 

line