教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

国際社会コース
総合文化プログラム
アジア・オセアニア地域プログラム
吉門 牧雄

専門
イギリス言語文化
私の専門分野はイギリス言語文化で、特に19世紀イギリスの詩人、ロバート・ブラウニングの研究を続け、最近では『パラケルサス』という作品の構造分析をしています。また、「日本文化表現論」という授業を担当しており、日本文化を英語で表現することに興味をもっています。その関連で、自由民権思想家の馬場辰猪の英文著作の研究も行っています。

主な授業題目と内容紹介

共通教育科目
「大学英語入門」:大学で専門分野を学習する際に必要な英語力と、国際社会におけるコミュニケーションに役立つ英語運用能力の習得を目標とする科目です。
「日本語文化論」:日本の文化を英語で世界に発信することを目標にしています。今、 外国語の学習には、単に外国の情報や文化を学ぶだけでなく、自国の文化を海外の人びとに伝えることが求められています。そこで、この授業ではまず日本の文化そのものを深く知り、それを英語で表現する方法を習得します。具体的には、日本文化について英文で書かれた文章(例えば、岡倉天心『茶の本』、新渡戸稲造『武士道』、小泉八雲『怪談』等)を講読すること、また歌舞伎、能、狂言といった古典芸能を英語で紹介する方法を学ぶこと等が主な内容です。

卒業論文題目例

・茶道の変遷
・標準語と方言から見た日本語の方向性
・捕鯨と鯨肉食文化の危機 ―室戸の捕鯨文化の再認識と今捕鯨がどのように捉えられているのか―
・日本における英語イマージョン教育 ―なぜ日本で英語イマージョン教育が広まらないのか―
・ハーンの求めた日本―チェンバレンとの書簡をもとに―
・日本の近代化への挑戦―長州ファイヴの密航―
・「食」の地域活性化―高知県馬路村の例を通じて―
・台湾における「親日」感情―日本統治時代の台湾とその近代化を支えた日本人―
・日本人と外来文化であるスポーツとの関係 ―合理的な競技能力向上を文化の視点から考察した提案―

コースプログラム制

メニュー

close

close