教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

国際社会コース
言語・コミュニケーションプログラム
アジア・オセアニア地域プログラム
佐野 由紀子

専門
日本語学
現代日本語の文法の研究をしています。「~は」「~が」――小さな子どもでもうまく使い分けるこれらの助詞について、ではどう違うのか?と日本語母語話者に問うと、うまく答えられる人はほぼいません。母語は無意識に学んだものであり、言葉を「話せる」ことと「説明できる」ことは異なるためです。母語はすべて私たち母語話者の頭の中に入っているはず、にもかかわらず説明できない…そのもどかしさを超えて、それがクリアになったときの喜びが、母語の研究の醍醐味だと思います。

主な授業題目と内容紹介

共通教育科目
「日本事情」:外国人留学生及び外国において教育を受けた学生のための科目です。日本人のコミュニケーション上の特徴、日本の教育、宗教、結婚、家族、就業問題、季節の行事など、日本・日本人について幅広く考えます。日本語を母語とする人の履修は認められませんが、授業の見学は歓迎です。
専門科目
「外国語としての日本語」:日本語は「難しい」言語か? そう聞くと、たいていの日本人は「難しい言語だ」と答えます。なぜでしょうか? この授業では、他言語との比較を行いながら、語彙、文法、音声など、日本語の特徴について幅広く学びます。
「外国語としての日本語演習」:中学、高校で受けてきた文法教育の中で、「文法(英文法、国文法)=暗記=苦手(嫌い)」と感じてきた人も多いのではないかと思います。でも、言葉の研究は、「暗記するもの」でも、ただ「理解する」だけのものでもありません。この授業では、外国人留学生とともに客観的に日本語の文法を考えます。

卒業論文題目例

・方言に対する意識
・外来語の現状と未来―若者の意識を通して見えるもの―
・日韓大学生の対人距離に関する対照研究
・女ことばにみる女の力
・日本語教科書の分析―ト・バ・タラ・ナラ―
・「ていうか」の用法とその使用心理

コースプログラム制

メニュー

close

close