教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

人文科学コース
歴史・地理学プログラム
宮里 修

専門
考古学
縄文文化を主体とした弥生時代の始まりや、戦国時代の城と城下町などをテーマととして、高知県の遺跡に対する調査・研究を行っています。夏期休業期間などを利用して発掘調査をおこなっています。
太平洋ルートの歴史・文化を対象とした「黒潮沿海文化研究」を進めています。
朝鮮半島の初期農耕・初期金属器文化の研究に継続して取り組んでいます。

主な授業題目と内容紹介

考古学概論
考古学の特徴や方法など、考古学の基礎ついて講義します。
考古学
様々な素材でつくられた銅戈,高知県の銅鐸など考古学の個別研究を紹介します。
考古学の論点
考古学による日本通史。考古学がどのような資料によってどのような歴史を構築してきたかを講義します。
考古学実習
遺跡の調査と報告・研究に必要な技術や知識(測量機器の扱いや作図の方法,出土遺物の見方など)を実地作業により学びます。
考古学演習
また、各自の研究テーマについて発表し議論します。

卒業論文題目例

・古代寺院造営における選地の諸条件<
・土佐型埴輪の起源
・南四国における縄文時代の石鏃について
・南四国の玉文化
・弥生時代の瀬戸内における器台と他器種の組合せ

コースプログラム制

メニュー

close

close