教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

人文科学コース
心理学プログラム
増田 匡裕

専門
社会心理学
社会心理学は、他の人と一緒に暮らしている世の中で、そもそも自分や他の人は何を考えてどんなふるまいをするのだろうかということを説明しようとする、現実社会との接点を常に意識した心理学です。しかし、直ぐに役立つ心理学という訳にはいきません。もどかしさに我慢しているうちに、ある日突破口が広がるのが研究の楽しみです。私の主な研究テーマは2つあり、ひとつは赤ちゃんや子どもを亡くした家族や医療従事者を支援する心のケアのコミュニケーションですが、これについては大学の授業ではほとんど触れませんし、卒論のテーマとしても許可することは絶対にありません。それは現場への心理学の還元というのはそう甘いものではないからです。 心のケアに取り組む専門的な職業を目指す人には、今はもっと基本的なことを考えてもらいたいというメッセージを込めて授業をしています。もうひとつの研究の柱は、友人関係や恋愛関係などの親しい対人関係がどのように作られて、どのように保たれて、どのように壊れていくのか、その一連の流れを調べることです。こちらの方は、いくつかの授業科目で扱いますし、これまでもほぼ毎年卒論生の誰かが研究しています。

主な授業題目と内容紹介

対人コミュニケーション論を学ぶ
全学対象の共通教育の授業で、1年次から履修できます。心理学をベースに、言語学や社会学の知識を加えて、人へのメッセージの伝え方や他の人との関わり方を考える対人コミュニケーション論の重要なトピックを紹介します。
社会心理学
第2学期開講の2年次専門科目です。現代の社会心理学の基礎となる重要な研究テーマを現代の視点から再検討します。準備のため、1年次から受講できる講義科目「人間関係論/社会心理学入門」で、社会心理学のホットトピックスを紹介します。
社会心理学演習
3年次配当の専門演習です。第1学期は恋愛関係や友人関係のコミュニケーションに関する英語の文献を徹底的に読みます。第2学期には、最終年度に社会心理学で卒論を書く受講生が、それぞれの興味に応じた英語の文献を持ち寄ります。
恋愛・結婚・親しい対人関係の心理学
第2学期開講の2年次専門科目です。第1学期開講の「人間関係論/社会心理学入門」で学んだ知識を踏まえて、学校や職場や家族などさまざまな場面の対人関係のトラブルの原因を見出す目を鍛えて欲しいと思います。

卒業論文題目例

・思いやり深い愛とコミットメントの関係——“続けたい恋愛”と“離れられない恋愛”—
・失恋後の態度および感情—復縁動機と未練の検討—
・友人に対する“glad game”の効果——ポリアンナは愛されるのか——
・大学生のサークル集団におけるリーダーシップ行動と組織コミットメントの関係―リーダーの自己犠牲的行動の要因の検討―
・大学生のSNS利用と疎外感の関係

コースプログラム制

メニュー

close

close