教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

人文科学コース
心理学プログラム
池田 和夫

専門
認知心理学
「見る」ということを通じて、人間は自分の周りの状況がどのようになっているかを絶えずモニターしています。この作業は当たり前で簡単なことのように思われます。しかしこの時、眼だけでなく脳の多くの領域が非常に複雑な活動しているのです。また脳は記憶や判断なども行っています。人間のこのような認知過程について研究しているのが「認知心理学」です。認知心理学では、脳を直接調べるのではなく、実験を通じて脳がどのような働き方をしているのかを考えていきます。私はこの分野で卒業論文を書こうとする人の指導をしています。

主な授業題目と内容紹介

心理学を学ぶ
心理学に初めて触れる人に、心理学のさまざまな分野の発見をビデオや実験も交えて講義している。
心理学実験法基礎演習
心理学をどうやって研究するのか。その方法を、研究テーマの見つけ方からデータの分析法まで担当している。
心理学実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
基礎的な心理学実験から始まり、様々な形の実験法や調査法を身につけていく。そして、与えられた実験を行う段階から、自分で計画した実験をする段階に発展していく。
認知心理学
人間の認知に関して蓄積されてきた研究を紹介する。また、認知がどのように脳と関係しているかについても論考する。
認知心理学演習
毎週、認知に関する研究論文を読み、最新の研究に接する。またディスカッションを通じて、その研究の意義や問題点などについて考える。

卒業論文題目例

・両耳分離聴条件におけるマガーク効果
・操作された気分が選択的注意に及ぼす影響
・文章理解におけるメタ認知
・サブリミナルプライムが単語完成課題に及ぼす影響
・運動順応が奥行運動の時間評価に及ぼす影響
・行為の記憶におけるImagination Inflation効果の検討
・空間記憶による方向判断に方向特異性が及ぼす効果
・感情プライミングが印象形成に及ぼす影響
・パターン図形の情報処理負荷量が評定に与える影響
・先行課題における処理様式が直後の情報処理に与える影響

コースプログラム制

メニュー

close

close