教員紹介
Teaching Staff

教員紹介

国際社会コース
総合文化プログラム
ヨーロッパ地域プログラム
小澤 萬記

専門
比較文学・比較文化
1955年4月26日に東京都渋谷区で生まれました。その後1984年に大学院を修了し、1992年から高知大学人文学部(人文社会科学部の前身)に勤務しています。
現在の研究テーマは、一つは日本における「進化論」で、もう一つの柱は「日本文化論」の研究です。専門の授業もこの二つの大きなテーマの周りをぐるぐるまわっています。

主な授業題目と内容紹介

共通教育科目
「ドイツ語Ⅰ・Ⅱ」:いわゆる「初修外国語」のドイツ語です。一年間で「文法」の骨組みが一通り終わります。
専門科目
「比較日本社会文化論」:ここ数年はルース・ベネディクトの『菊と刀』をつかって日本文化論について考えています。
「比較日本社会文化論演習」:福島原発事故以後の世界について「輪読」を通じて考えています。
「社会文化交流論」:進化論の日本への紹介を巡る諸問題を取り扱っています。
「社会文化交流論演習」:原発を巡る様々な議論について「輪読」を通じて考えています。

卒業論文題目例

・父親像の変遷
・セクシャルハラスメントとミスコミュニケーョン
・ハローキティーが愛される理由―サンリオの戦略から―
・外国人労働者の受け入れ問題について
・男女共学・別学の存在意義について
・窪川の反原発運動
・SNSの玄現環境と将来の展望―災害との関係性―
・待機児童問題について

コースプログラム制

メニュー

close

close