国際社会コース International Studies Course

分野×地域を軸に、グローバル社会で
国境を越えて連携できる力を養う

本コースでは、多元化・複雑化するグローバル社会を見据え、国内外の様々な「壁」を乗り越えて羽ばたくことのできる「グローバル市民」を育てます。学びの核は、少人数ゼミナールとセットの《分野×地域の6つのプログラム》と、国内外での《フィールド・スタディ》。様々な外国語の運用能力アップはもちろん、専門知識に裏打ちされた深い洞察力と複眼的な思考力を身につけることで、言語コミュニケーションや異文化/自文化、グローバル社会の問題を主体的に考察・判断できるようになります。1対1のミクロ・レベルから地球規模のマクロ・レベルに至るまで、「他者」と連携できることを目指した「越境する学びの共同体」に、皆さんもぜひ参加しませんか。

授与する学位 学士(学術)
取得できる資格
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 学芸員
  • 日本語教員養成課程単位修得証明書

※コースを超えた免許の取得を妨げるものではありません。

PROGRAM

言語・コミュニケーション
プログラム

言語やコミュニケーションの理論を
重点的に学ぶ

言語・コミュニケーションプログラムでは、言語学およびコミュニケーション論の基本的な理論を学びます。同時に、ヨーロッパ・アメリカ・アジアの具体的な言語や地域にフォーカスした形で発展的な科目を学びます。また学部開設の日本語教員養成課程の関連科目も組み込まれています。
総合文化
プログラム

地域の文化、異文化的観点から見た文化、
現代社会における文化の諸相を重点的に学ぶ

総合文化プログラムでは、環境・大衆・交流・越境など多様な視点で文化を論じる科目を基盤としています。あわせて、ヨーロッパ・アメリカ・アジアの様々な地域を対象に、社会と文化のあり方を考える発展的な科目も学んでいきます。文化と不可分なメディアに関する科目も、このプログラムの重要な一環です。
グローバル社会
プログラム

文献の読解、資料の分析、調査の実践から
グローバル社会を批判的に考える

グローバル社会プログラムでは、現代のグローバル社会のあり方に社会科学の様々な領域からアプローチします。国際関係論や世界経済論、文化人類学に加えて、隣接コースの経済学や政治学の科目もあわせて社会科学の基盤を学んでいきます。さらにヨーロッパ・アメリカ・アジアの様々な地域の政治・経済・社会についても学びます。
ヨーロッパ地域
プログラム

ヨーロッパの言語・文化・社会を学ぶ、
多面的な理解と実践的な探求力を養う

ヨーロッパ地域プログラムでは、上の3つの分野を横断して、ヨーロッパ地域に関わる科目を学びます。英語・ドイツ語・フランス語等の言語系科目を基盤とし、ヨーロッパ地域の言語やコミュニケーション、多様な文化、政治・経済・社会について学ぶことで、この地域のあり方を多面的に捉え、探求します。
南北アメリカ地域
プログラム

南北アメリカを通して
現代世界が抱える問題の
本質を見抜く力を養う

南北アメリカ地域プログラムは、南北アメリカ地域を分野横断的に捉えようとするものです。英語系科目に加え、スペイン語系科目も基盤として学ぶことができます。さらに英語圏に関わる言語理論やコミュニケーション論、文化、社会、経済、そして南北アメリカ関係について学びます。
アジア・オセアニア地域
プログラム

日本を含めたアジア、およびオセアニア地域の
言語・文化・社会を多角的に学ぶ

アジア・オセアニア地域プログラムでは、実質的な共通語としての英語に加え、中国語の科目を基盤として学びます。そして中国・日本・東南アジア諸国を中心に、その言語・文化・社会・経済についての様々な科目を通じて、変動する地域の姿に多角的に迫ります。またこのプログラムには、日本語教員養成課程の科目も、多く組み込まれています。

コースプログラム制

メニュー

close

close