人文科学コース Humanities Course

時代を形成した思想を私たちのものとして捉え直す

哲学、思想、宗教……どれも役に立たないもの ── そんなふうに思っていませんか。確かにそれらは共通の一つの答えを出すにいたっていません。しかし、もし17世紀にデカルト、ニュートン、ロックといった人々、そしてそれを引き継ぐ人々が登場しなかったら私たちの生きている現代という時代はなかったでしょう。現代はまさに彼らの思想に負っているのです。さまざまな問題点、負の部分も含めて。だから、私たちをとりまく世界のさまざまな問題には、時代を形成した思想を私たちのものとして捉え直すことが欠かせないのです。思想の力は近代のものだけではありません。宗教や神話を含めれば、何千年という堆積が世界の各文化圏にはあるのです。さあ、分け入ってみませんか。広大な思想の森に。

教 員
学べる科目 哲学概論、倫理学概論、宗教学概論、思想論基礎演習、西洋哲学基礎演習、倫理学基礎演習、宗教論基礎演習、西洋近代思想演習、倫理学演習、宗教論演習、西洋人間論、西洋近代思想論、現代社会思想論、倫理思想史、基礎倫理学、現代思想論、宗教思想論、比較東洋思想論、男女共同参画の哲学、現代社会の哲学的課題
進路、就職先 【企業等】石川県漁業協同組合、伊予銀行、NTTマーケティングアクト、香川銀行、JA全農高知県支部、四国銀行、但陽信用金庫、千葉ロッテマリーンズ球団職員、日本生命、日本赤十字社広島県支部、日本年金機構、幡多信用金庫、備後信用金庫、ミサワホーム四国
【公務員・教員】愛媛県庁、高知市役所、尼崎市役所、名古屋市役所、佐用町役場
【大学院進学】大阪大学大学院

MESSAGE

卒業生からの
メッセージ

香川大学 准教授 佐藤 慶太さん

(東京都出身、東京都立東大和南高等学校卒業)

高知大学で哲学を学び、現在は、香川大学で哲学の教育、研究活動に携わっています。学生時代、哲学の「て」の字も分からない段階から、原典を読む面白さを知るところまで、先生方に丁寧に導いてもらいました。授業の内外を問わず、先生や仲間と対話・議論した時間も、今の自分にとっての財産です。

COMPATIBILITY

プラットフォームと各プログラムの相性

人間の言葉や思想、心や文化全般を幅広く扱うのが哲学・思想プログラムの特徴です。プラットフォーム科目では、哲学概論・倫理学概論・宗教学概論などの専門に直結する科目の他、心理学概論・日本文学概論など、関連する諸分野の科目を履修し、理解を深めていくことが重要です。前述の通り、人間について幅広く扱うことから、人文科学コースの各プログラムとはほぼ等間隔で関係しています。研究テーマや希望する進路によっては、人文科学コースの他のプログラムを併せて履修することで、幅広い学習をしていくこともできます。

SEMINAR

ゼミの概要 
倫理学ゼミでは、主として倫理的な問題を扱っている、デカルト、J.S.ミル、プーラン・ドゥ・ラ・バールなどの哲学書を講読してきました。テーマとしては、自由や男女平等などの問題を扱ってきました。直近では、プラトーンの『饗宴』をテキストにして、愛(エロース)について議論しています。
ゼミの雰囲気
参加者の主体性を重んじ、自由と責任を尊びます。明朗でユーモアを解する人を目指し、卒論作成や就職活動に生命を燃やしてほしいものです。言い換えれば、「君は自由だ、好きにしたまえ」がゼミのモットーです。もっとも、卒論指導は集団で行いますので、けっこう和気藹々の雰囲気が漂っています。

コースプログラム制

メニュー

close

close