人文科学コース Humanities Course

時代を形成した思想を私たちのものとして捉え直す

哲学、思想、宗教……どれも役に立たないもの ── そんなふうに思っていませんか。確かにそれらは共通の一つの答えを出すにいたっていません。しかし、もし17世紀にデカルト、ニュートン、ロックといった人々、そしてそれを引き継ぐ人々が登場しなかったら私たちの生きている現代という時代はなかったでしょう。現代はまさに彼らの思想に負っているのです。さまざまな問題点、負の部分も含めて。だから、私たちをとりまく世界のさまざまな問題には、時代を形成した思想を私たちのものとして捉え直すことが欠かせないのです。思想の力は近代のものだけではありません。宗教や神話を含めれば、何千年という堆積が世界の各文化圏にはあるのです。さあ、分け入ってみませんか。広大な思想の森に。

教 員
学べる科目 哲学概論、倫理学概論、宗教学概論、西洋哲学基礎演習、倫理学基礎演習、宗教論基礎演習、西洋近代思想演習、倫理学演習、宗教論演習、西洋人間論、西洋近代思想論、倫理思想史、基礎倫理学、宗教思想論、比較東洋思想論、男女共同参画の哲学
進路、就職先 【企業等】四国労働金庫、島根中央信用金庫、百五銀行、亀田製菓株式会社、モンベル、ホテルグランドパレス徳島、タマホーム、高知ハウス、サンプラザ他多数
【公務員・教員】四国経済産業局、みよし市立三好丘中学校、高知労働局労働基準監督官、国土交通省四国運輸局、中国運輸局、島根県庁、大阪労働局、高知県庁、鹿児島県庁

COMPATIBILITY

プラットフォームと各プログラムの相性

人間の言葉や思想、心や文化全般を幅広く扱うのが哲学・思想プログラムの特徴です。プラットフォーム科目では、哲学概論・倫理学概論・宗教学概論などの専門に直結する科目の他、心理学概論・日本文学概論など、関連する諸分野の科目を履修し、理解を深めていくことが重要です。前述の通り、人間について幅広く扱うことから、人文科学コースの各プログラムとはほぼ等間隔で関係しています。研究テーマや希望する進路によっては、人文科学コースの他のプログラムを併せて履修することで、幅広い学習をしていくこともできます。

SEMINAR

ゼミの概要 
宗教論ゼミについて紹介します。1学期は、ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』を読んでいます。2学期はエリアーデ『豊饒と再生』(エリアーデ著作集第2巻)を読んでいます。
ゼミの雰囲気
毎週、担当者に報告してもらい論議します。聞いている方からも面白い質問が出されます。ゼミをお互いの興味のある情報を交換できるような場にしたいと思っています。

コースプログラム制

メニュー

close

close