社会科学コース
Social Sciences Course

法制度・政治システムを広範な科目を通じて体系的に学ぶ

法学は、必ずしも一つの正解が存在する訳ではなく、法を適用する前提である事実についてさえも、その人の立場や価値観によって見え方が異なることが多くあります。このことから、法学は「大人の学問」と評されることもあり、法学を学ぶ際に感じる難しさの原因にも挙げられます。法律・政治プログラムでは、低年次において人文社会科学の諸分野を広く学ぶことで涵養する様々な見解や価値観が生じる背景への理解を基礎として、その後に憲法、民法、商法、政治学といった専門科目を多く履修していくことになります。知識の修得のみならず、現地調査や施設見学等を通して、鋭い人権感覚とともに、現実の社会問題への解決策を提言できるような能力を身につけることを目指します。

教 員
学べる科目 法学概論、政治学概論、憲法Ⅰ、憲法Ⅱ、民法Ⅰ、民法Ⅱ、民法Ⅲ、商法Ⅰ、商法Ⅱ、商法Ⅲ、行政法Ⅰ、行政法Ⅱ、環境法、政治過程論、経済法Ⅰ、経済法Ⅱ、経済法Ⅲ、刑法Ⅰ、刑法Ⅱ、経済刑法、法律学基礎演習、法律学特殊講義、政治学基礎演習、政治学特殊講義、社会制度設計演習Ⅰ、社会制度設計演習Ⅱ
進路、就職先 【企業等】穴吹ハウジングサービス、香川県国民健康保険団体連合会、香川シームレス、高知県信用保証協会、コープフーズ、セイコー不動産、日本郵便、幡多信用金庫、広島生活習慣病・がん健診センター、ベルモニー平安閣グループ、丸和林業、ゆうちょ銀行
【公務員・教員】高知県庁、警視庁、香川県警察、岡山県警察、公正取引委員会、広島国税局
【大学院進学】高知大学大学院、岡山大学大学院

MESSAGE

卒業生からの
メッセージ

広島市 財政局 松岡 将太さん

(広島県出身、広島県立三原高等学校卒業)

私は、在学中、民法や会社法など法律を中心にカリキュラムを設計しました。これらの授業で得た知識は公務員試験でも役立ちました。また、授業を通して養った物事を理論的に考える力は、わかりやすい説明を求められる実際の市民応対にも活かされています。

COMPATIBILITY

プラットフォームと各プログラムの相性

法律・政治プログラムでは、様々な人の立場や価値観を考慮した上で政策や法を適用することが求められます。社会科学コースの他プログラムの学習を通じて、様々な経済・政治主体の行動に関して見識を深めることができます。また、法学・政治学を学習する上での素地として広範な教養も求められますので、哲学・思想、歴史・地理学、グローバル社会プログラム等を通じた学習が重要になります。

SEMINAR

ゼミの概要 
切詰ゼミでは、民事法(民法や商法など)を取り扱っています。授業では、ゼミ生が興味・疑問を持った日常生活における法律問題について、各自または各班で調べてきて報告し、他のゼミ生からの質問に答えるという形で進めています。合宿や懇親会など、3年生4年生合同のイベントも多数あるゼミです。
ゼミの雰囲気
合同合宿では、ある判決をもとに、原告側と被告側にわかれて、一日にわたって自分達の立場の正当性を互いに主張しあうなど、真剣に、でも楽しみながら法律学を学んでいます。勉強会後のスポーツ大会や懇親会は格別です。学びと遊び、真剣さと楽しさとを両立させることができる、明るく元気なゼミです。

コースプログラム制

メニュー

close

close