社会科学コース
Social Sciences Course

法制度・政治システムを広範な科目を通じて体系的に学ぶ

法学は、必ずしも一つの正解が存在する訳ではなく、法を適用する前提である事実についてさえも、その人の立場や価値観によって見え方が異なることが多くあります。このことから、法学は「大人の学問」と評されることもあり、法学を学ぶ際に感じる難しさの原因にも挙げられます。法律・政治プログラムでは、低年次において人文社会科学の諸分野を広く学ぶことで涵養する様々な見解や価値観が生じる背景への理解を基礎として、その後に憲法、民法、商法、政治学といった専門科目を多く履修していくことになります。知識の修得のみならず、現地調査や施設見学等を通して、鋭い人権感覚とともに、現実の社会問題への解決策を提言できるような能力を身につけることを目指します。

教 員
学べる科目 法学概論、政治学概論、憲法Ⅰ、憲法Ⅱ、民法Ⅰ、民法Ⅱ、民法Ⅲ、商法Ⅰ、商法Ⅱ、商法Ⅲ、行政法Ⅰ、行政法Ⅱ、環境法、政治過程論、経済法Ⅰ、経済法Ⅱ、経済法Ⅲ、刑法Ⅰ、刑法Ⅱ、経済刑法、法律学基礎演習、法律学特殊講義、政治学基礎演習、政治学特殊講義、社会制度設計演習Ⅰ、社会制度設計演習Ⅱ
進路、就職先 【企業等】あなぶき興産、国立病院機構中四国グループ、四国銀行、ツムラ、トリドールジャパン、三菱電機、ゆうちょ銀行、楽天、リゾートトラスト
【公務員・教員】大阪税関、警視庁、原子力規制庁、四国財務局、高松国税局、林野庁、愛媛県庁、香川県庁、高知県庁、徳島県庁、高知市役所、広島市役所
【大学院進学】千葉大学大学院、鳴門教育大学大学院
他多数

APPEAL POINT

法学は、法の条文という道具を使い、社会における人間の営みに接近します。例えば、新しい法をつくって人々を誘導したり、裁判で紛争を公正に解決することなどを目指します。政治学は、権力をめぐる多様な当事者(諸個人、諸団体、諸国家など)の闘争について、統計、思想、歴史などの多様な道具を使って解明を目指します。これらに登場する人々の営みは生々しくて、複雑で、魅力的です。

SEMINAR:岡田ゼミでは・・・

ゼミの概要 
憲法ゼミでは「卒業論文を最後まで書き上げる力をつける」ことを目標にしています。3年次では文献・判例の精読や、自分たちでテーマを決めてグループや個人での報告を行い、年度末には各自で論文を執筆し、法学・政治学系のゼミでつくる雑誌『法学論集』に掲載しています。また、夏休みになどにゼミ合宿も行っています。4年次では就職活動と並行しながらひたすら卒論執筆を進めていきます。
卒論執筆の過程を経ることで、文献・判例をきちんと理解する力、自分で問題を発見する力、試行錯誤しながら自分で調査を進める力が身につくはずです。これらは社会に出てもきっと役に立つと思います。
教員から
どの専門分野にも「作法」や「型」のようなものがあり、きっと最初は面倒だと思います。でも、そこを辛抱してマスターすると全然違う景色が見えてきて、グッと勉強が面白くなりますよ!

MESSAGE

ゼミ生の声

岡田ゼミ

私たちのゼミでは普段憲法についてのテーマを班ごとに決めて発表し、先生や他の班員と議論してます。憲法は一条、一条に議論する点があり、勉強すればするほどおもしろいです!また、今年の夏休みには東京で山形大とゼミ合宿をしました。東京で他大学とディベートをすることはめったにできないことです!とても楽しいゼミなので是非きてください!

 

コースプログラム制

メニュー

close

close