人文科学コース Humanities Course

アメリカ文学の作品を
人種・階級・ジェンダーなどの観点から考察する

何事もスピードが求められる現代社会において、時間をかけて文学作品を読む意義とは何でしょうか。名作とされる物語には、人間、あるいは社会が抱える普遍的な問題が実に巧みに描き出されています。20世紀アメリカ文学を代表するウィリアム・フォークナーの『響きと怒り』はそのよい例です。難解な作品ですが、数々の創作的実験がなされた物語世界は実に魅力的で読み応えがあります。このプログラムでは、英米を中心とする英語圏の文学作品を原文で読みながら、言語、文化、歴史、人種、民族など様々な観点から検討を加え、その過程で批評精神を養成し、最終的に自己や世界を複眼的・相対的にとらえることを目指します。英語圏の文学作品を考察し、その魅力を味わってみましょう。

教 員
学べる科目 イギリス文学概論、アメリカ文学概論、英語言語学概論、英語史概論、イギリス文学論、アメリカ文学論、英語圏文化論、映像メディア論、言語意味論、言語文法論、イギリス文学基礎演習、アメリカ文学基礎演習、言語意味論基礎演習、言語文法論基礎演習、イギリス文学演習、アメリカ文学演習、言語意味論演習、言語文法論演習
進路、就職先 【企業等】アドキャスト、アビリティセンター、高知銀行、サニーマート、三恵社、阪神小型モーターズ、びほく農業協同組合、ベルマネジメントワイズ、村式、リーガロイヤルホテル
【公務員・教員】関東信越国税局、佐賀労働局、南国市役所、宮崎西臼杵支庁、 香川県大手前中学・高等学校
【大学院進学】高知大学大学院

MESSAGE

卒業生からの
メッセージ

編集者 野村 慶子さん

(山口県出身、山口県立山口高等学校卒業)

美術展覧会の図録編集の仕事をしています。台割、装丁、論文の編集、年表作成など仕事は多岐に渡りますが、大学で学んだ文化への視座を活かせています。卒業論文では参考文献として「ゴーギャン展」の図録を使用しました。なんと今、その図録担当だった先輩と一緒に仕事をしています。

※肩書き、内容等は取材当時のものです。

COMPATIBILITY

プラットフォームと各プログラムの相性

英米文学を学ぶために、プラットフォーム科目の中では、イギリス文学概論・アメリカ文学概論・英語言語学概論・専門英語などの科目を履修し基礎的な知識を身につけるとともに、英語力を高めることが求められます。人文科学コース歴史・地理学プログラムの西洋社会史・西洋文化史・西洋史学の現在や国際社会コースのイギリス言語文化論・アメリカ言語文化論・比較日米英文化論・英米文化史・比較日欧文化論・英語テクスト構成研究・英語読解研究・社会思想史などの関連する科目を併せて履修することで視野を広げ学びを深めることができます。

SEMINAR

ゼミの概要 
イギリス文学ゼミでは英米を中心とした英語圏の文学や文学理論のみならず、絵画、写真、ハリウッド映画などの映像作品も分析の対象にしています。映像メディアに関しては、それらの表象や表現の意味、構造、新たな可能性、さらには文学作品とのつながりに関する研究をおこなっています。
ゼミの雰囲気
週1回おこなわれるゼミのための準備や当日の発表の場では真剣モードになりますが、発表が終わると、コーヒーや紅茶を片手に、他愛のない話に花を咲かせています。先生も含め、個性豊かな面々が集まっているので、研究・日常生活の両面で刺激に満ちた時間を過ごせます。 (学生の声)

コースプログラム制

メニュー

close

close