国際社会コース International Studies Course

地域の文化、異文化的観点から見た文化、
現代社会における文化の諸相を重点的に学ぶ

「異文化理解」という言葉をよく耳にしますが、真の理解を得るためには、自文化と異文化を大まかに二分して捉えるのではなく、文化のもつあらゆる諸相に目を向ける必要があります。総合文化プログラムでは、文化の諸相を複数の学問分野から、また複数の地域/社会から学びます。

例えば、人間の生活様式・習慣などを文化と捉えて考察する文化人類学、文化と社会の関係を考察する社会文化論、文化・社会の変遷を歴史的に考察する文化史、現代文化を考察する上で欠かせない大衆文化論やメディア論など、様々な学問分野で学びながら、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア・オセアニアなどでの地域ごとの文化の多様性に注目する――それが総合文化プログラムでの学びです。

教 員
学べる科目 文化人類学、大衆文化論、社会文化交流論、越境文化論、ヨーロッパ社会文化論、メディア論、英米文化史、東南アジア社会文化論、日本文化表現論、比較文化論(日欧・日本社会・日米英・日独・日中・日仏)、言語文化論(アメリカ・イギリス・フランス・中国)
進路、就職先 【企業等】いろは出版、ケーズデンキ、よさこいケーブルネット、JAバンク高知信連、JTB中部、四国スバル、住友生命、DHC、東進四国、徳島銀行、日本赤十字社(病院事務)、ユタカ、タマホーム
【公務員・教員】高知県公務員、高知県中学校教員、倉敷市高校教員
【大学院進学】大阪大学大学院、高知大学大学院

MESSAGE

卒業生からの
メッセージ

高知大学 大学院進学 岡田 知也さん

(高知県出身、高知県立高知追手前高等学校卒業)

学部では、総合文化プログラムの下で、文化について幅広く総合的に学ぶことによって、「○○人」や「○○民族」という定義が実はあいまいであることに気付かされました。大学院入学後は、そのようなあいまいな存在としての「日本」「日本人」について考えることをテーマとしています。

※肩書き、内容等は取材当時のものです。

COMPATIBILITY

プラットフォームと各プログラムの相性

文化をひとことで語ることは決してできません。ひとつの文化が形成されるそのプロセスでは、様々なことが重層的に関連し合っています。自文化であれ異文化であれ、それらを理解するには、歴史を含めたその背景に広くそして深く目を向ける必要があります。プラットフォーム科目の多くの授業、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア・オセアニアの各地域プログラム、人文科学コースの歴史・地理学プログラムの授業を履修することによって、文化への理解はいっそう深まります。

SEMINAR

ゼミの概要 
関ゼミでは、第1学期は英語で書かれた文学作品を原典で鑑賞します。題名・作家名は知っていても読んだことがない本を味読する/読破する喜びを体感するとともに、討論を通して資料の分析方法や整理方法を学びます。第2学期は、各自でテーマを設定して研究を進め、その成果を研究発表会とゼミレポート集で発表します。
ゼミの雰囲気
2・3年生は合同でゼミを行ないます。また、年に2度、2~4年生合同のゼミを開き、卒業論文中間発表会と最終発表会をしています(合同ゼミは合宿形式で行なうこともあります)。「先生から学ぶ」のではなく「仲間どうしで学ぶ」機会をもつため、学生間のレポート添削や学年末のゼミレポート集の刊行なども行なっています。

コースプログラム制

メニュー

close

close