国際社会コース International Studies Course

文献の読解、資料の分析、調査の実践から
グローバル社会を批判的に考える

このプログラムでは、グローバル化する現代社会のあり方について、主に社会科学の視点と方法から考える力を培います。人・モノ・情報・お金・技術などがグローバルに越境するなかで、現代社会は多元化・複雑化・流動化しており、格差の拡大など多くの問題が生じています。こうした現代社会の実情と適切に向き合うために、多様なデータをもとに多角的に考えるための方法を、講義や国内外での実習を通じて習得していきます。具体的には、各種の文献や統計資料、映像資料などを幅広く収集し、批判的に分析する技術、フィールドワークや調査票調査、インタビューなどの調査を実施し、社会の実態についてのデータを自ら得る技術などです。これらの技術を駆使しながら、グローバル社会を批判的に考え、主体的に活動できる力を身につけることを目指します。

教 員
学べる科目 グローバル社会と地域、越境社会論、世界経済論、社会ネットワーク論、文化人類学、比較経済社会論、アジア経済社会論、国際協力論、経済発展論、中国経済社会論、南北アメリカ関係論、国際関係論、地域の産業と経済、グローバル社会特殊講義、アジア・オセアニア特殊講義
進路、就職先 【企業等】穴吹エンタープライズ、アルパック地域計画建築研究所、伊藤ハム、エービーシー・マート、高知食糧、高知新聞社、高知信用金庫、JALスカイ、全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)、第一ホンダ販売、トヨタ工機、ネッツトヨタ、平林物産、フジ・トラベル・サービス、テレビ金沢、四国銀行、阿波銀行、明治安田生命、島津興行
【公務員・教員】奈良市役所、神戸市役所、高知県庁
【大学院進学】九州大学大学院、高知大学大学院、京都大学大学院、広島大学大学院

APPEAL POINT

私たちがいま生きているグローバル社会には数多くの課題があります。国と国の間の対立は鮮明になり、宗教をめぐる争いも激しさを増しています。また、各国で格差も拡大しています。そして、日本に暮らす私たちも、こうしたグローバル社会の影響からまぬがれることはできません。このプログラムではグローバル社会について腰を据えて学んでみたい人を歓迎します。様々な国・地域の専門家とともに、よりよい世界のために一緒に考えてみませんか?

SEMINAR:岩佐和幸ゼミでは・・・

ゼミの概要 
大テーマは「地域に浸透するグローバル化」。経済のグローバル化について、ローカルなポイントにフォーカスし、社会科学的なフィールド調査をしています。最近の調査テーマは、「ファストファッション」(2014年度)、「TPP」(2015年度)、「AIと地産外商」(2016年度)、「外国人実習生」(2017年度)、「インバウンド観光」(2018年度)です。毎年夏から秋にかけてフィールドワークに挑戦し、中・四国5大学のゼミが参加する研究交流発表会でのプレゼンテーションを経て、年度末には1冊の調査報告書を仕上げていきます。
ちなみに、ゼミのモットーは、「書を持って街に出よう」(多読・積ん読OK)。学生の主体性が常に問われるゼミとなっています。
教員から
おいしいモノ/おもろい出来事を追い求めながら、ゼミ学生と楽しく共同研究しています。うちのコース・ゼミで、一緒に学んでみませんか。

MESSAGE

ゼミ生の声

岩佐和幸ゼミ

岩佐和幸ゼミナールの面白いところは、ゼミ生が実際にフィールドワークを行い、地域で起こっている事実を把握し、リアルに認識できるということです。現地に赴いて当事者の生の声を聞いて直接確かめることにより、本やネットでは知りえなかった社会の姿を自分たちの力で明らかにすることができます。

 

コースプログラム制

メニュー

close

close