人文科学コース Humanities Course

時間と空間をこえて現代社会にアプローチする

歴史・地理学プログラムは、歴史学および地理学を専攻するためのプログラムです。歴史学では、さまざまな史資料に基づき、日本そして世界に視野を広げて歴史研究にとりくみます。地理学では、文献調査と現地調査をともに重視することで、真の意味での「地域と関わる学問」にとりくみます。

歴史学や地理学は時間と空間をこえて現代社会に広く深くアプローチする学問です。このプログラムで学ぶ皆さんは、卒業後に社会のさまざまな場面で大きく飛躍する力を養うことができます。

教 員
学べる科目 日本史概論、日本中世社会史、日本近現代史、日本近世近代史料講読、日本文化史、考古学概論、考古学実習、東洋古代中世史、東洋近世近代史、東洋史学の現在、アジア文化史、西洋社会史、西洋文化史、自然地理概論、人文地理学、地域調査実習、人文地理文献講読
進路、就職先 【企業等】丸紅紙パルプ販売、丸富製紙、あなぶき興産、井村造船、新日本開発、日本生命保険相互会社、リコージャパン、ITX、四国銀行、NTTデータビジネスブレインズ、ジェイアール東海ツアーズ、高知大学生活協同組合、橋本産業、フジみらい、NEXCO西日本サービスホールディングス、岡崎ニューグランドホテル
【公務員・教員】高知県庁、高知市役所、堺市役所、京丹後市役所、廿日市市役所、愛媛県警察
【大学院進学】高知大学大学院、大阪大学大学院

COMPATIBILITY

プラットフォームと各プログラムの相性

歴史学・地理学を学ぶためには、プラットフォーム科目の中から、日本史概論、人文地理概論、東洋史概論などといった専門分野に直結する授業に加えて、倫理学概論や日本文学概論などといった哲学、思想、文学に関する「概論」及びグローバル社会や地域経済に関する授業を履修することによって、視野を拡げ理解を深めていくことが重要です。研究テーマによっては、哲学・思想、日本語・日本文学、英米文学、アジア・オセアニア地域、ヨーロッパ地域などのプログラムを併せて履修することで、幅広い研究を進めることもできます。

SEMINAR

ゼミの概要 
学生が「日本中世史ゼミ」と呼んでいるのは、津野担当の専門科目「日本中世史習」のことです。ここ数年間、織田信長の一代記『信長公記』をテキストにしています。記事の読み・解釈を参加者全員で考え、レポーターは関連する史料(古文書・日記)や研究(学術論文・学術書)にもとづいて報告します。
ゼミの雰囲気
日本中世史の研究に要する知識・技能を身につけながら、卒業論文のテーマを模索してゆきます。主体性があれば、魅力あるテーマを見いだせるでしょう。 例年メンバーは3・4年生あわせて10~14名程度なので、ほどよい緊張感があります。和気藹々ではないが、かといって野暮でもないと自負しています。

コースプログラム制

メニュー

close

close